カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天野矢倉

矢倉囲いの数ある中の一つ。江戸末期の強豪で棋聖と言われた天野宗歩が創案、多用したことから、その名が付いた。別名「片矢倉」。

矢倉の基本形「金矢倉」と比べると、▲8八玉と▲7八金が一つずつ右に寄った形になっている。角の打ち込みを牽制する意味合いがあり、角換わり戦で使用されることが多い。
スポンサーサイト

天野宗歩

文化13年(1816)生れ。江戸末期の強豪で「実力十三段」、「近代将棋の祖」や「棋聖」とも言われる伝説の名将棋指し。安政六年(1859)没。

天野宗歩が多用した矢倉囲いを、「天野矢倉」(金矢倉の八段目の玉と金が一つ右に寄った形の矢倉)と言う。
右  「 天野矢倉 」

合わせる

相手の駒が利いている場所に、相手と同じ駒を打つこと。

特に、相手の歩の前に自分の歩を打つときに言う場合が多く、それを「合わせの歩」と言う。
右 「 合わせの歩 」

合わせの歩

歩を使った有力な手筋の一つで、相手の歩頭に自分の歩を打つこと。
使い方としては、敵陣の陣形を崩し攻め筋を作る。嫌みとなるキズを解消すること。

荒柾

の木地のうち、年輪の間隔が粗い柾目の木地のこと。

謝る

相手の攻めが厳しかったり、形勢が悪くなりそうな場合に、自陣を守る為に仕方なく駒を打ったり引いたりして形勢を保とうとすること。

アマ名人戦

日本将棋連盟主催、全国地方新聞社後援、共同通信社協賛のアマチュア棋戦。

正式名称は「全日本アマチュア名人戦」。例年1月から6月まで各都道府県単位で予選があり、それを勝ち抜いた代表64名による全国大会が9月に行われる。優勝者はプロタイトル戦の棋王戦予選への出場権を得る。

アヤ

勝負におけるちょっとした紛れのこと。

「勝負のアヤ」「アヤをつける」などと言う。

アマ竜王戦

読売新聞社主催・日本将棋連盟主催のアマチュア棋戦。

従来の「アマチュア将棋日本一決定戦」に代わり、昭和63年度から始まった。通称「アマ竜王戦」。各都道府県単位で予選があり、勝ち抜いた54名と招待選手2名の計56名によって全国大会が行われる。4人組14ブロックに分かれ、2勝通過2敗失格ルールで勝ち抜いた28名のトーナメント戦。
持ち時間は各45分。
優勝者と準優勝者は、竜王戦6組の出場権を得る。

余す

自分の方が優勢な局面で、相手にかなり反撃を受けたが際どく受けてギリギリ勝ちの状態。

「余している」とか「残している」と言う。

アマ王将戦

毎日新聞社主催・日本将棋連盟主催・囲碁将棋チャンネル後援のアマチュアの棋戦。

地区予選を勝ち抜いた17名と招待選手3名の計20名による予選が行われ、通過者15名と前回優勝者の16名でトーナネント戦をする。優勝者と準優勝者は銀河戦の出場権を得る。
アマ王将戦の正しい名称は「全国アマチュア王将位大会」と言う。

炙りだし

詰め将棋作品の曲詰めの一種。

詰め上がった最後の駒の配置が、文字や図形など何か意味のある形になっているものを言う。また、実戦で相手を下段から中央へ引き出すような追い方のことも言う。

右  「 曲詰め 」

アヒル

玉を中住居の▲5八に置き、左右両脇に銀で固め、左右金を銀のあった位置に配置する囲い方。
角筋は突かず相掛り模様の攻めで大駒交換を狙う。

昔からあるハメ手戦法。金開きの一種で二枚の金を一段目に配置する陣形。
棒銀急戦で発生するが勝率は悪く、やはり無理がある形。

形が若干違うがこちらに棋譜がある。
アヒル囲い 参考譜

暴れる

自陣の形勢が悪いような時に、多少無理を承知でどんどん攻めていくこと。

穴熊の姿焼き

右 「 姿焼き 」

当たる

次に駒が取れる状態のこと。

特に、大駒がその延長線上に相手の駒を捕えている時に言う場合が多い。
「角に金に当たっている」等と言う。

頭金

相手の玉の真上(頭)に打つ金のこと。
その状態が最終的な詰みの形となる場合が多い。

詰め将棋では、 「必修手筋」 で持ち駒に金があればまず詰み手順に考慮する必要がある。

駒の真上の地点のこと。

遊び駒

ある局面において、戦いのばから離れ、ほとんど役に立たなくなった駒を言う。

【格言】
・遊び駒をつくるな

味消し

ある指し手がいつでも権利として残こしているのに、それをいきなり実行してしまうこと。
指すべきタイミングを間違え、その先のアヤが無くなってもったいない感じの時の表現として使う。

「味がいい」「味が悪い」という使い方をする。
「味がいい」というのは、普通に一手指しただけなのだが、それに何かしら付加価値がある場合や、その一手を指したことによって、プラスアルファの有効な手がある時に言う。

右  「味良し道夫(あじよしみちお)」等とも言う。

味良し道夫

「味の良い」手を指した時このように言う。

大山康晴十五世名人の弟子に「有吉道夫九段」がいるが彼の名前をもじってこのような表現方法が出来た。

右   「」 

朝練

早朝の7時~8時頃にプロ棋士たちが集まって研究や対局など勉強会をすること。

中心に島 朗九段、森下卓九段、米長邦雄永世棋聖らが居る様子。
朝日新聞社主催の棋戦。
朝日オープン選手権(全日本プロトーナメント)からの継承棋戦。2007年から第一回が開始。

全棋士、アマチュア10人、女流棋士6人によるトーナメントです。1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となる。
優勝者が獲得する賞金は1,000万円。 持ち時間-各40分。
<アマ・女流棋士の参加条件>
朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜。


朝日新聞社主催の終了棋戦。
2006年25回迄で終了、2007年より朝日杯将棋オープン戦が開始される。
当初は「全日本プロ将棋トーナメント」という名称だったが2002年から改称した。
朝日新聞社主催のアマチュアの棋戦。
通称「朝日アマ名人戦」。地区予選を勝ち抜いた32名により、全国大会が行われる。その優勝者は前年優勝者と三番勝負を行う。
朝日アマ名人と全国大会ベスト8以上の9名は、朝日オープン将棋選手権の出場権を得る。

赤柾

駒の木地の中で、赤味の強い柾目の木地のこと。
「赤柾の駒」などと言う。

悪形

陣形が整っておらず、それぞれの駒の働きがあまり効いていないような形のこと。
 逆に、陣形の整ったいい形を「好形」と言う。

悪手

悪い手の略。
悪い手の中には、緩手、疑問手などがあり、最も罪の重い指し手。

上(あがる)

同じ種類の駒が同じ場所に複数枚移動可能な場合に、どの駒が動いたか分かるように棋譜に表記する符号の一つ。
「上」は、金銀と成り駒(成銀、成桂、成香、と金)を下から上に動かした場合に言い、5五銀上などと表記する。
また、5六銀、4六銀と並んでいて5六銀が5五に真っ直ぐ上に移動する場合は5五銀直(すぐ)という。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。