カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機関銃小僧

昭和10年代に活躍した若手棋士、梶一郎のこと。
因みに、小僧と言うあだ名は、当時の天才を称して言った言葉。
スポンサーサイト

銀矢倉

矢倉囲いのバリエーションの一つ。

矢倉の基本形の「金矢倉」のうち、▲7七の金が銀に換わった形を言う。

金矢倉

矢倉のこと。

金無双

駒の配置が▲5八金▲4八金▲3八玉というように、玉の左隣りに金が二枚並んだ形を言う。

銀が▲3九にとどまっていず▲1六歩、▲2八銀と上がる場合もある。
相振り飛車戦でよく見られる戦型だが、横からの攻めにはあまり強いとはいえない。
「二枚金」とも言う。

銀美濃

美濃囲いのバリエーションの一つ。

高美濃囲いのうち、▲4七の金が銀に換わった形を言う。囲い自体は駒の連携がよく、横からの攻めに強いが、左金を攻めに使うことになるので対処が難しい。

金開き

玉を中住居にして、▲3八金及び▲7八金と、金が左右対称に開いた陣形のこと。

銀ひばり

対四間飛車に対して、▲5五歩と五筋の位を取り、その真下の▲5六の地点に銀を繰り出した形を言う。舟囲いから、▲7九の銀が▲5六の地点まで上がって行く。
その様子がひばりが飛び立つような感じなのでこの名が付いた。

銀挟み

相手の歩の頭越しに出てきた銀(歩越し銀)の両側を、自分の歩で挟んで立ち往生させる手筋

次に相手の銀の頭に歩を打てば、銀が死んでしまう。なお、この「挟み」という言葉は銀にしか使わない。これは駒の特性によるもので、銀は挟めるが、他の駒はなかなか挟めないからだ。
銀は攻め駒として使っていくことが多く、また前へ出て行くことが多いので、その分挟まれる可能性が非常に高い。従って、だいたい五段目か四段目で銀挟みは起こる。ちょっと功を焦って攻めすぎて、相手の受けの術中に嵌ったときにやられることが多い。
なお、片方だけにしか歩がなくても銀挟みと言うことがある。片方の斜め後ろに自分の駒がある場合はそちらには下がれないので、片方だけでも挟まれたのと同じことになるので、銀挟みという。

金将

「金」という呼び名は俗称。斜め後方以外の場所に一つ移動できる。
の中で唯一、裏に成れない。玉の守りの要となるだが、相手の玉を詰める時にも欠かせない重要なでもある。

格言
・金無し将棋に受けて無し
・金無し将棋に詰めて無し
・金銀の逆形は悪形なり
・金はトドメに残せ
・金は斜めに誘え
・金は引く手に好手あり

銀多伝

二枚落ちで戦う時の下手の定跡の一つ。

金銀が縦に並んでいるのが特徴で、▲4六銀、▲4七銀と銀が二枚重なる形から「銀多伝」と言う。
玉の懐が深く、金銀の連携も良いので上からの攻めには強いが、横からの攻めには要注意。多伝囲いには他に「金多伝」がある。

金多伝

二枚落ちで戦う時の下手の定跡の一つ。

金銀が縦に並んでいるのが特徴で、▲4七金、▲4八金と金が縦に二枚重なる形から「金多伝」と言う。
多伝囲いでは「銀多伝」の方が一般的だが、横の攻めに対する玉の堅さは「銀多伝」よりも強い。

銀立ち矢倉

矢倉囲いのバリエーションの一つ。

矢倉の基本形である「金矢倉」の形から、▲7七の歩を▲7五に進めて位を取り、▲7七の銀を▲7六に上げた形を言う。状況によっては▲7七の地点に角か桂馬がいる場合もある。

近代将棋

月刊の将棋雑誌の一つ。ナイタイ出版発行。
プロ棋戦の解説、将棋講座、詰め将棋教室や次の一手などの懸賞問題、読み物など人気のある記事が多い。特に詰め将棋では「塚田賞」など優秀な詰め将棋作品が発表されるアマプロを問わず魅力のある記事であった。
しかし、将棋人口の伸び悩みから、雑誌購入者はインターネットの普及によって場所を換えたため、昭和25年の創刊以来、59年の長きに渡って続いた雑誌だったが、平成20年6月号を持って休刊となった。

銀象眼

角落ち戦で、上手側が用いる囲いの一つ。

金象眼の金に換え、銀二枚を使って玉を囲う。銀二枚に玉をはめ込んだような形からこの名が付いた。

金底の歩

受けの手筋の言葉で、金の真下に打った歩のこと。

この形は居飛車対振り飛車戦によく出てくる。終盤、お互いに横から攻める戦いになることが多く、その時に非常に有効である。
金底の歩は、金の下に歩を一枚打つだけなのだが、金+歩以上の価値がある。金と歩はお互いに連携しており、飛車の横利きをうまく遮断している。この歩は、攻められればいずれは取られてしまうのだが、取られるまでに結構手間がかかり、最終的に取られても相手には歩しか渡らないという利点がある。ただし、底歩は打ってしまうとその筋には攻めのための歩が使えなくなるので注意が必要であり、特に二歩に気をつける必要がある。

【格言】
・金底の歩、岩より堅し

金象眼

角落ち戦で、上手側が用いる囲い方の一つ。

金銀を使って玉を囲う。例・▲6七玉、▲5七銀、▲6八金、▲7七桂、の配置に▲5六歩とその横の横に(六段目)に歩を並べた囲い。金と銀に玉をはめ込んだ形からこの名が付いた。

銀将

「銀」という呼び名は俗称。真横と真後ろ以外の場所に一つ移動できる。
銀の特徴として斜めに利きがあるので、攻めに向いている。

格言
・銀は成らずに好手あり
・銀は千鳥に使え

錦旗

<1>竹内淇洲の銘で、淇洲が関根金次郎七段に贈ったもの。このを使って対局したところ、連戦連勝して出世したため「錦旗の」と言われるようになった。

<2>の書体銘の一つで、数ある書体の中でも愛棋家に最も親しまれている書体のこと。一般的に「錦旗」と言うと、淇洲の「錦旗の」より十数年後に、豊島龍山が後水尾天皇の銘を模写して作ったものを言う。龍山は「錦の御旗」から錦旗と命名した。

<3>奥野一香が、豊島龍山の「錦旗」に対抗し、昇龍斎の書体を改良して「錦旗」の銘を入れて売り出したものを言う。

銀冠

美濃囲い~高美濃囲いから進んだ囲い方。

玉の上に銀が乗っている形から銀冠という。
銀冠は玉頭が堅くなる利点はあるが、横には弱くなる欠点もある。また、組み替えの途中で離れ駒になる時があり注意が必要である。

銀が泣いている

阪田三吉の言葉。
大正二年(1913)阪田三吉の終生のライバルだった関根金次郎八段との五番勝負の第一局で、自分の銀が敵陣で動けなくなった特にこの言葉を口にした。自信の不覚な一手のため、銀の働きを殺してしまった自責の念から出た言葉。

銀河戦

サテライトカルチャージャパン(囲碁将棋チャンネル)が主催する棋戦

第8期から公式戦となった。女流棋士2名、アマ2名、を加えた96名の棋士による早指し戦で8つのブロックに分け、最終勝ち残り者と最多連勝者の2名、計16名で決勝トーナメント戦を行なう。
持ち時間は各15分、切れたら一手30秒未満、他に10分の考慮時間がある。
対局模様はスカイパーフェクトTVの「囲碁将棋チャンネル」で放映される。

銀将のこと。

金将のこと。

記録係

対局に於て、棋譜を付けたり、時間を計ったり、秒読みなどをしたりする係のこと。
プロの棋戦では奨励会員が記録係を務めることが多い。
駒や座布団、脇息などの用意から、対局後の後片付けなど、種々の雑用もこなさなければならない。

切れ模様

著しく劣勢になったり、大きく駒損したりして、攻める手がなくなってしまったような状態のこと。

切れ負け制

持ち時間を使い切り、チェスクロックの針が落ちた時点で負けになる制度。
ただし、普通は持ち時間が無くなった段階で、一分または30秒の秒読みとなるのが一般的である。

棋歴

将棋におけるこれまでの経験、経歴のこと。
特に、棋戦で優勝した経験がある場合などは、「輝かしい棋歴を誇る」といった言い方をする。

切る

難局を打開したり、形勢を保つために駒を捨てること。

「飛車を切る」等という。特に終盤は、「終盤は駒の損得より速度」という格言があるように、局面によって大駒を切る勇気が必要になる。

棋力

将棋の強さ、実力のこと。
段と級で表す。段位は数が多いほど、級位は数が少ないほど棋力が高い。

棋理

将棋の正しい理論、セオリーのこと。
「その指し方は棋理に反する」等という。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。