カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若獅子戦

近代将棋主催で、昭和52年から平成3年まで行われた棋戦

四段らの若手棋士の登竜門的棋戦
スポンサーサイト

分かれ

局面が流れていって、戦いが一段落したときの状態。また、その局面の判断のこと。

将棋の流れがどこかで1回止まることがある。一息入れたり手が戻ったりした時にいい勝負かどうか、自分が有利かどうかなどを判断する。状況としては中盤が多い。

脇システム


相矢倉戦で▲3七銀から後手の△6四角に対して▲4六角とぶつける戦型のこと。

次に普通に玉を囲い合い、先後同型に進んでいく。その後、端を全部突きあって角交換をし、棒銀でせめていく。非常にシンプルで紛れがなく、アマチュアでもこの戦法を得意とする方が多い。分かり易く破壊力もあるため人気があり、最近若手棋士の間でもよく指される。これは昔からある戦法だが、脇謙二八段が得意とし深くけんきゅうしている戦型からこの名が付いた。

割り打ちの銀

敵陣の最下段に銀を打って、両取りを掛けること。

割り打ちをしたからといって、すぐに有利になる訳ではないが、相手の駒を剥がせばその分陣形が弱体化する。攻めやすくしたり、寄せやすくするための有効な手段でありプロでも多く利用される手筋でもある。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。