カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフト指し

将棋ソフトを使ってネット上で指すこと。指し手が人間が考えた手でないことはそれとなく判断できることが多い。
スポンサーサイト

外龍

お互いに相手陣に龍が侵入している状態で、タテの筋で盤の中央に遠い方にいる龍を云う。
外龍は内龍によってその横利きを遮断されることがあり内龍より劣る。

袖飛車

相居飛車戦での作戦の一つで、先手の場合なら飛車を3筋に振って戦うこと。

底歩

自陣の守りを目的として最下段に打つ歩のこと。
受けの手筋
金の下に打った底歩は固い守りである。特に飛車の横利きを防ぐのに有効である。
格言
・金底の歩、岩より堅し

即詰み

ある局面から連続的に王手がかかって詰むこと。

俗手

俗手とは、鬼手や妙手などの普段気がつかない手とは違って、誰でも考えつくような平凡な手を言う。
将棋は、平凡な手で勝てればそれが一番と言われているので、勝ちが見えたら、平凡な手で勝てば良い。
格言
・俗手の好手
・寄せは俗手で
・寄せは俗手に好手あり

総矢倉

矢倉囲いのバリエーションの一つ。金矢倉にさらに▲5七銀が加わった形を言う。
金銀四枚すべてを使った矢倉なので「総矢倉」と呼ばれている。

相談将棋

お好み将棋対局の一つで、片方または双方が複数人で組んで対局し、指し手を相談しながら進めていく将棋のこと。

双玉問題

詰め将棋で、攻め方にも玉がある問題のこと。
一般的に詰め将棋は、攻め方には玉は配置されていないが、双玉問題のように自陣に玉があると開き王手や逆王手の筋などが出現するので手順が難しくなる。客を引っ掛けやすいので、大道詰め将棋などでよく見られる。

双玉駒

一般的に、将棋のには王将と玉将が1枚ずつ入っているが、王将がなく玉将が2枚入っているのこと。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。