カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明治38年(1905)2月21日、木村義雄14世名人が東京市本所区表町(現江東区)に生まれる。

大正5年(1916)関根金次郎へ入門。大正15年(1926)数え23歳で八段に昇段。
昭和10年(1935)から始まった第一期名人戦で名人位を獲得し、昭和13年(1938)2月11日に第一期名人を襲位した。
昭和22年(1947)、戦後の復活第6期で塚田正夫に敗れたが、第8期で復位に成功。
第9期に大山康晴を、第10期には升田幸三を撃破。第11期で大山に破れ現役を引退、14世名人を襲位した。
20年に及ぶ不敗の木村時代を築き、相撲の大横綱双葉山と並び称された。昭和35年(1960)棋界初の紫綬褒章、昭和53年(1978)には勲3等旭日中綬章を受けた。昭和61年(1986)将棋の日に盤寿81歳で逝去した。
スポンサーサイト

終生名人制の終り

昭和13年(1938)2月11日、紀元節の日に東京市赤坂区青山表町の「将棋大成会」で木村義雄(32)の初代実力制名人就位式が挙行された。
小菅剣之助名誉名人立会いのもと、まず関根金治郎名人が退位を宣言し、木村新名人に大成会の「名人推薦書」が贈られた。謝辞は「自分は誤って名人になったのです」。
初代大橋宗桂の開基以来330余年。伝統の終生名人制が終りを告げた。
昭和12年(1937)実力名人を決めるため、1年半前の昭和10年6月から7人の八段によって争われていた「名人位決定八段リーグ戦」も12月5~6日神奈川県湯河原「天野屋」で行われる千日手指し直し局で、ついに最終戦を迎えた。

ここまで12勝2敗の木村義雄八段と、13勝1敗の花田長太郎八段の対局が決着を見たのは、日が変わって7日午前1時25分。先手の木村が105手で勝利を収め、13-2で並んだ。ところが「差が8点以上の場合は無条件で1位」の規定が存在していた。
普通棋戦との総合得点が103.7の木村に対して、花田は95.6。差は8.1Pある。これにより32歳の木村が初代実力名人の座に輝いたのだった。
花田が勝てば改めて6番勝負となるはずだったが、勝利の女神は「木村」選んだのだった。

木村引退

昭和27年(1952)8月24日、物故棋士追善将棋大会の席上で現役引退を表明した。47歳であった。
将棋連盟は不世出の大名人を即日「十四世名人」に推挙した。
第一期王将戦では三番手直りを採用、升田八段に香落とされに指込まれ王将位を逃し、第11期名人戦では大山の挑戦を受け1勝4敗で敗退するなどその去就が注目されていた。

木村復活

昭和24年5月24日 塚田正夫名人と木村義雄前名人との第8期名人戦は、戦後のインフレによる諸事情から、この期に限って5番勝負となった。
3月29日の第1局を皮切りにシリーズは白熱、両雄相譲らず2勝2敗で迎えた第5局は、皇居の「済寧館」での対局となった。24日午後10時に始まった大勝負は翌午前4時2分、塚田が投了し終了。雌伏2年、お城将棋を彷彿させる皇居での対局で、木村は名人復位の偉業を達成する。
44歳のカムバックであった。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。