カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚田名誉十段逝く

昭和52年(1977)12月30日塚田正夫名誉十段が現役のまま、病魔(がん性腹膜炎)によって死去した。
享年63歳。
大正3年(1914)8月2日、東京都文京区に生まれる。
1927年、故花田長太郎九段に入門。
1932年四段、1947年第6期名人戦で木村義雄を4勝2敗1持将棋で破り初タイトルで名人を獲得。第8期で木村に奪回される。
1952年から4期連続で九段位に就き、1954年永世九段に。
他タイトル戦登場4回、棋戦優勝4回。
1974年から76年に将棋連盟会長を務める。
1975年秋、紫綬褒章受賞。
1978年1月16日連盟葬、同日付けで名誉十段。
勲四等旭日小受賞。1989年実力制第二代名人
スポンサーサイト

名誉十段位

昭和29年(1954)11月27日
第5期九段戦5番勝負は塚田正夫九段に「ムチャ茂」の異名を持つ松田茂行八段が挑戦、11月から始まった。
松田の不調もあって、塚田2連勝で迎えた第3局は東京・本郷「龍岡旅館」で行われ、相矢倉から後手番の塚田が112手で勝利を収め、防衛に成功した。これまで2期九段位を獲得している塚田は「九段位通算3期獲得は永世九段を得る」という規定により晴れて史上初の「永世九段」の称号を得た。
昭和24年に木村義雄名人にタイトルを奪回されて以降、名人戦で活躍の機会がなかった塚田だが、第3期九段戦で優勝して以来、この九段戦がもっとも縁起のいい棋戦となった。
タイトルは名人2期、九段4期で昭和53年(1978)に名誉十段も贈られている。
昭和23年5月26日(1948)第7期名人戦で塚田正夫名人への挑戦者に名乗り出たのは、高野山の決戦で兄弟子・升田幸三八段に逆転した大山康晴八段だった。
専門家の間では塚田の経験を買う声が高かったが、世評は「高野山の決戦が事実上の名人決定戦」などと囃し立て、弱冠25歳の大山にのる意見が多かった。
7番勝負は4月6日から始まり、塚田3勝2敗で5月26日、第6局を石川県山中温泉「河鹿荘」で迎えた。
後手大山から角交換に進めた将棋は、しかし、塚田がペースを握り、以後も塚田が優勢に運び、最後は詰将棋の名手らしく綺麗に即詰めに切って落とした。
終局137手。塚田の初防衛だった。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。