カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成3年(1991)4月5日新手一生、棋界の風雲児。升田幸三実力制第四代名人が心不全で亡くなった。
享年73歳。大正7年広島県双三郡三良坂町で誕生。昭和7年木見金治郎九段門。11年四段、22年八段。

昭和27年第1期王将戦で木村義雄名人を半香に指し込む。さらに31年に第5期では大山康晴名人も指し込み、
香落ち番も勝つ。32年には名人、王将、九段を制し史上初の全タイトル獲得、三冠王となる。タイトル戦登
場23回、獲得は名人2、九段2、王将3の合計7期。棋戦優勝6回。名人・A級には連続32期。48年紫綬褒章授賞
。54年引退した。63年4月実力名人制第四代名人に就く名棋士だった。
スポンサーサイト
昭和54年(1979)5月1日、升田が引退した日だ。
新手一生、将棋の虫、棋界の風雲児・升田幸三実力制第四代名人がその人。
大正7年(1918)広島県三良坂町で誕生。昭和7年(1932)木見金治郎九段門。
昭和11年(1936)四段、昭和22年(1947)八段、昭和33年(1958)九段。
昭和27年(1952)第1期王将戦で木村義雄名人を半香に指し込む。さらに昭和31年(1956)第5期では大山康晴名人を指し込み、香落ち番も勝つ。
昭和32年(1957)には名人、王将、九段を制し史上初の全タイトル獲得、三冠王となった。
 タイトル戦登場23回、獲得は名人2回、九段2回、王将3回の合計7期。
棋戦優勝6回、名人・A級連続32期。昭和48年(1973)紫綬褒章受賞。昭和63年(1988)4月実力制第四代名人の称号を受ける。平成3年(1991)4月5日心不全のため死去。享年73歳。
大正7年(1918)3月21日、広島県双三郡三良坂町で升田幸三実力制名人第4代名人が誕生した。
昭和7年木見金治郎九段門下となり、大山康晴十五世名人は後輩。
昭和11年四段、同22年八段、同33年九段。
昭和27年第一期王将戦で木村義雄名人を半香に指し込む。
更に昭和31年第五期では大山名人を指し込み、香落ち戦も勝った。昭和32年には名人、王将、九段を制し史上初の三冠王になる。
タイトル戦登場23回、獲得は名人2期、九段2期、王将3期の7期。優勝6回。
名人・A級には連続32期。昭和48年紫綬褒章受賞。同54年引退。
昭和63年4月実力制第4代名人の称号を受けた。平成3年4月5日、心不全で死去、享年73歳。
昭和31年(1956)1月20日
大山康晴王将・名人を相手に升田幸三八段が三連勝で迎えた第5期王将位決定戦指込み7番勝負第4局は1月19、20日東京・赤坂「比良野」で行われた。
当時は3勝か4勝1敗でタイトルは移動するものの、7番は戦う敗者に厳しいルールで「勝負」ではなく「将棋」とされた。
升田は第1局角換わり、第2局相矢倉、第3局新旧対抗型を三連勝で飾り4期ぶりに返り咲いた。
そして香落ち番の第4局にも四間飛車、111手で大山名人を退けた。「名人に香を引いて勝つ」という子供の頃の夢をついに実現させたのだった。第5局も升田が平手で勝っているが第6、第7局は病気により指されることはなかった。
が真相は、名人の地位を汚すことを憂慮して、仮病だった。
という「升田流の苦悶の【次の一手】」説がある。
昭和32年(1957)8月11日のこの日、升田新名人就位披露会と引退棋士慰労会が東京・浅草「伝法院」で開かれた。
王将と九段位を手中にした升田はこの年大山康晴名人に挑戦。波に乗る升田は7月11日の第6局に勝ち4勝2敗で名人位を奪取、3大タイトルを独占し史上初の三冠王に輝いた。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。