カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一間

相手の玉と自分の駒の間に、一升分の空間を空けた位置のこと。
スポンサーサイト

一局

将棋を一番、指すこと。または一回、対局をすること。

また、ある手順において、他の有力な手順がある場合、それぞれの手順についても一つの作戦であることを言う。「これも一局の将棋」等という。

将棋は良く人生に例えられ、
菊池寛は「人生は一局の将棋なり」という名言を残している。
将棋盤に使われる素材の一つ。
木の緻密度や弾力性は榧に劣るが、中級品として使われ評価されている。

一段金

金が自陣の一段目にある状態。

金は力が強く、飛車の打ち込みに強い。飛車の攻撃に対して、持ちの金を打って相手をはじくことを、特に「しかりつける」と表現する。特に1段目に金がある場合、隙がなく相手側が飛車を打ち込みにくい。

格言>一段金に飛車捨てあり。

イチゴ囲い

相掛り戦における囲い方の一つ。
少ない手数で組めるので、角交換からの急戦などに適している。

こちらの相掛り編に棋譜がある

板目

将棋盤の木目の名称の一つ。

板の木目が平行に通っておらず、山型や不規則な模様となって現れたもののこと。
木目が平行なものは柾目と言う。板目には木表と木裏がある。

いそがしい

相手に攻められて、自陣の形勢が芳しくない状態のこと。

特に終盤、攻め込まれて、有効な手だてもなく、時間にも追われているような状態を言う。

いじめる

価値の低いで価値の高いを攻立てること。
「銀で飛車をいじめる」等という。

石田流本組

三間飛車から▲7六に飛車を浮く戦型のこと。

早石田に対して後手が急戦を避けて早めに受けた場合に有効な戦法
慶安時代に石田検校が創案した手順であるためその名が付いた。
「組み方の手順」は以下の通り。
▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△6二銀▲6六歩△8五歩
▲7六飛△6四歩▲7七桂△6三銀▲9六歩△4二玉▲9七角△9四歩▲6八銀まで
スカイパーフェクTV320chでオンエアされている囲碁と将棋の専用チャンネルのこと。

銀河戦やプロ棋戦やプロアマお好み将棋道場などの他、レベル別将棋講座、詰め将棋、棋士紹介、戦法別定跡大盤解説など朝から夜中までバラエティに富んだ番組を放映しており、初心者から高段者まで幅広く楽しめる。地域によってはケーブルテレビでも見ることが出来る。
NHK衛星第2テレビで毎週土曜日の午後に放送されている囲碁と将棋の情報番組。

その週の棋界情報やゲスト棋士を招いてのタイトル戦を中心とした大盤解説など盛り沢山な内容となっている。

女流育成会

女流棋士の養成機関のこと。

女流棋士になるためには、まず「女流育成会」に入会しなければならない。(ただし29歳以下)
女流育成会にはAクラスとBクラスがあり、新入会員はBクラスからの参加となる。各クラスとも半年1期のリーグ戦を行い、Aクラスの成績優秀者1名が女流棋士2級としてプロとなる。Bクラス成績優秀者1名がAクラスに昇級する。また、降級はAクラスで3勝以下で降級点が付き、2期連続すればBクラスに降級する。

育成会

女流育成会のこと。

行(いく)

同じ種類のが同じ場所に複数枚移動可能な場合に、どのが動いたか分かるように棋譜に表記する符号の一つ。

「行」は大が前に進む場合に言い、例えば▲5五飛行のように表記する。

居玉

玉の対局開始時の定位置(▲5九か△5一)の状態から動かずにいること。

将棋の布陣は、まず玉を囲うことから始めるが、初心者ほど居玉が多い。居玉のままだと玉は捕まりやすく危険である。
格言にも「居玉を避けよ」がある。

禁じ手

将棋のルールで反則のこと。
禁じ手には
  「二歩」
  「打ち歩詰め」
  「行き所のない駒」
  「ニ手指し」
  「連続王手の千日手」 などがある。

プロ将棋の対局でも、まれに二歩や二手指しの禁じ手を指して、反則負けになることがある。
禁じ手の一つ。その場所に打ったり、不成で進んだ場合に、それ以上引き下がることも、進めることも出来なくなる駒のこと。
例えば、一番上の段の歩と香車。一番上と二番目の段の桂馬で、そこに打つことは出来ない。
また、盤上の駒がこれらの地点に進んだ場合は必ず成らなくてはいけない。成らなかった場合は、禁じ手のため反則負けとなる。

居角

角が対局開始時の配置(▲8八及び△2二)のまま動かない状態のこと。

家元

寛文年間(1661~1672)に大橋本家、大橋分家、伊藤家の三家が将棋家として徳川家に召し抱えられるが、その後徳川家をバックに各家元は次第に権威を高め、三家の中から名人が選出された。いわゆる家元制度が継承された。
現在の実力制制度に変化したのは昭和12年「東京日々新聞」主催の名人決定戦からである。
右 「 将棋三家 」
右 「 名人 」

片矢倉

天野矢倉の別名。矢倉囲いの一つ。

右 「 天野矢倉 」

天野矢倉

矢倉囲いの数ある中の一つ。江戸末期の強豪で棋聖と言われた天野宗歩が創案、多用したことから、その名が付いた。別名「片矢倉」。

矢倉の基本形「金矢倉」と比べると、▲8八玉と▲7八金が一つずつ右に寄った形になっている。角の打ち込みを牽制する意味合いがあり、角換わり戦で使用されることが多い。

天野宗歩

文化13年(1816)生れ。江戸末期の強豪で「実力十三段」、「近代将棋の祖」や「棋聖」とも言われる伝説の名将棋指し。安政六年(1859)没。

天野宗歩が多用した矢倉囲いを、「天野矢倉」(金矢倉の八段目の玉と金が一つ右に寄った形の矢倉)と言う。
右  「 天野矢倉 」

合わせる

相手の駒が利いている場所に、相手と同じ駒を打つこと。

特に、相手の歩の前に自分の歩を打つときに言う場合が多く、それを「合わせの歩」と言う。
右 「 合わせの歩 」

合わせの歩

歩を使った有力な手筋の一つで、相手の歩頭に自分の歩を打つこと。
使い方としては、敵陣の陣形を崩し攻め筋を作る。嫌みとなるキズを解消すること。

女流名人戦

報知新聞社主催、アルゼ協賛の女流タイトル戦、正式な棋戦名は「アルゼ杯女流プロ名人位戦」。
タイトル戦は持ち時間3時間の五番勝負。全女流棋士が参加。
A級とB級の2クラスでリーグ戦を行い、総当たりのリーグ戦。A級優勝者が挑戦者となる。A級は3名が降級、B級は3名が昇級、5名が降級となる。
女流名人位を通算5期保持すると「クイーン名人」の称号を得る。

荒柾

の木地のうち、年輪の間隔が粗い柾目の木地のこと。

謝る

相手の攻めが厳しかったり、形勢が悪くなりそうな場合に、自陣を守る為に仕方なく駒を打ったり引いたりして形勢を保とうとすること。

アマ名人戦

日本将棋連盟主催、全国地方新聞社後援、共同通信社協賛のアマチュア棋戦。

正式名称は「全日本アマチュア名人戦」。例年1月から6月まで各都道府県単位で予選があり、それを勝ち抜いた代表64名による全国大会が9月に行われる。優勝者はプロタイトル戦の棋王戦予選への出場権を得る。

アヤ

勝負におけるちょっとした紛れのこと。

「勝負のアヤ」「アヤをつける」などと言う。

アマ竜王戦

読売新聞社主催・日本将棋連盟主催のアマチュア棋戦。

従来の「アマチュア将棋日本一決定戦」に代わり、昭和63年度から始まった。通称「アマ竜王戦」。各都道府県単位で予選があり、勝ち抜いた54名と招待選手2名の計56名によって全国大会が行われる。4人組14ブロックに分かれ、2勝通過2敗失格ルールで勝ち抜いた28名のトーナメント戦。
持ち時間は各45分。
優勝者と準優勝者は、竜王戦6組の出場権を得る。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。