カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉飛接近

自分の玉と飛車が近くにいる状態のこと。あまりいい形とは言えない。

格言
・玉飛接近すべからず
スポンサーサイト

玉将のこと。

格言
・玉の囲いは金銀三枚→囲い
・玉の退路に捨て
・玉の早逃げ八手の得→早逃げ
・玉の腹から銀を打て→腹銀
・玉は角筋を避けよ
・玉は囲いに入れよ
・玉は下段に落とせ→下段
・玉は包むように寄せよ
・玉を囲ってから戦え→囲い
・中段の玉寄せにくし

玉頭位取り

玉頭の歩を5筋まで伸ばして、位を取ること。

居飛車側の対振り飛車対策として有力な作戦で、例えば終盤、玉頭▲8五歩と位を取り、▲8七香から8筋の継ぎ歩で相手の美濃囲いを崩すことが出来る。

玉頭銀

振り飛車側の奇襲戦法の一つ。
「単騎銀」「たこ銀」とも言う。急戦に対して5筋の歩を突かずに左の銀を△4三、△5四、△6五と出て▲7六の歩をかすめ取る戦法

玉頭から攻めてあわよくば相手を潰してしまおうという狙いもあるが、むしろ居飛車側の陣形に制限を与えるという意味合いの方が大きい。▲7六の歩を取るぞと見せかけてプレッシャーを与え、作戦勝ちを狙おうという戦術である。玉頭戦は急戦だけでなく、穴熊の時にも▲7六の歩を狙う手が出てくることがあるが、それもやはり駒組みに牽制を与えるという狙いは変わらない。ただ、初心者はなかなか受けにくく、嫌な戦法であることは確かである。△7六銀、△8四飛となると8筋が受けられないので、きちんとした対応を知らないと痛い目に遭う。

玉頭

文字通り、玉の頭、上部のこと。
玉頭は狙われやすく、お互いの玉の上部で争われる玉頭戦で敗れると、一気に形勢を損ねることがある。

玉方

詰め将棋で、詰まされる側のこと。
逆に、玉をつめていく側を「攻め方」(または詰め方)と言う。
棋譜を読みあげる場合、詰め将棋では「攻め方▲○○、玉方△○○」というが、「先手側▲○○、後手側△○○」とは言わない。

玉将

王将と同じ。玉とも言う。

一般的に、一組の将棋のには王将と玉将が一枚ずつあり、上手が王将を持って指すのが慣例となっている。
玉とは、「玉珠」つまり宝物という意味である。昔は王はなく、二つとも玉(双玉)で、それが何時の頃からか点が取れて、片方だけ王になったという説が有力だ。従って、王様という言い方は厳密には正しくない。プロの間でも「王様」と言ったりするが、本当は「玉」が正しい。プロのタイトル戦でも「双玉」のを使用したことがあるが「双王」というはない。

香車

「香」という呼び方は俗称。香車は、宝石で飾られた車のこと。前にはいくつでも進めるが、後ろには戻れない。
香は真っ直ぐ一直線が利き筋なので、「槍(やり)」とも言われる。

【格言】
・香は下段から打て
・下段の香に力あり

香落ち

対局者同士の棋力に開きがある場合、駒落ちで対局することがあるが、その中で最も小さいハンディキャップ。
以前は右香落ちも行なわれていたが、現在は左の香を落とすのが一般的である。タイトル戦においても「差し込み制」が行なわれていた時期があり、トップ棋士同士の香落ち戦の棋譜も残っている。奨励会では今も香落ち戦が数多く戦われている。

香車のこと。

急戦

玉をじっくり囲うのではなく、玉の囲いが薄いまま仕掛けていき、いきなり戦いが始まるような展開のこと。
急戦の将棋は、歩がぶつかるのが早いのが特徴である。例えば横歩取りなどは急戦になることが多く、持久戦になるケースはほとんどない。
また、一般的に矢倉は持久戦になることが多いが、「急戦矢倉」と呼ばれる戦法もある。これは、一応蟹囲いにはするものの、早くに仕掛けて戦いを起こす矢倉のことである。

水無瀬駒

安土桃山時代の末、権中納言・水無瀬兼成という公家の手で書かれた

水無瀬は、近代将棋のルーツとして、の宝として、400年の時を超え、将棋との世界に大きな影響を与えてきた。水無瀬家で、将棋のが造られたのは、勅命によるものとの伝承がある。造られた駒は現在、判明しているだけで700組余りがある。水無瀬家は、関白・藤原道隆の流れを組む家柄だが、兼成は他家からの継養子である。

見落とし

いろいろ手を読んだ中で、相手の有効な手を見過ごして対応したり、本筋ではない手を指してしまうこと。

美濃囲い

玉の囲い方の一つで、振り飛車側が玉を囲う時に用いることが多い。

状況に応じて、本美濃囲いから、高美濃、銀冠と発展していく。▲5八金がない場合を「片美濃」と言う。
振り飛車の美濃囲いは右側で囲うが、左側に対照的な形で囲うことを「左美濃」といい、対振り飛車戦で居飛車側が用いることが多い。

【格言】
・美濃囲いには端攻め

脇息

対局の時に、通常は左に置いて肘を掛けたり、身体をもたせかけたりするための道具。

強手

自陣が多少、駒損したり損害を被ったりすることは覚悟の上で、相手に強気で鋭く切り込んで行くような指し手のこと。

急所

ここだけは絶対に外せないという一番のポイント、また優劣が分かれるような大事な勝負所のこと。

攻める場合は、その急所を狙っていくことになる。どんな囲いや戦法にも長所・短所があるが、その短所をシッカリ知っていないと急所はなかなか分からない。ただし、場合や状況によって急所は違ってくるので注意が必要だ。例えば、普通はこの囲いは横からの攻めに弱いけれど、この局面では端が弱くなっている、といったように急所は局面によってかわってくるので、ポイントをしっかり見極めることが大事である。

逆王手

王手をかけられた時に、逃げたり受けたりして防いだ手が、逆に相手の王手になること。終盤では命取りになる場合があるので、逆王手には十分注意しなければならない。

木村義雄

明治38年(1905)東京市本所区表町生れ。名人が世襲制から実力制に変わった初代の実力制名人。昭和12年から5期、同24年から3期の計8期、名人の地位に就く。
全盛期には、「不敗名人」と呼ばれた。戦後の初代日本将棋連盟会長に就任し、将棋界発展に尽力。現役引退後に、14世名人を襲位した。昭和61年没。

都詰め

5五の地点で玉が詰むように作られた詰将棋のこと。
普通の将棋でも5五の地点で玉が詰むことも都詰めと言う。

妙手

思いもよらない味の良い指し手のこと。

ミレニアム

相手の振り飛車、特に「藤井システム」の対策として、居飛車側の囲いとして新しく生まれた戦型。
2000年あたりから注目され始めたため、こう呼ばれるようになった。
別名「カマボコ」「カマクラ」「トーチカ」「西田スペシャル」などとも呼ばれている。
この戦型で高勝率を挙げた三浦弘行八段は、平成13年の将棋大賞を・升田幸三賞を受賞した。

向い飛車

振り飛車戦法の一つ。

自陣の飛車を相手の飛車の位置と同じ筋に振ること。敵の攻撃の主役である飛車を牽制、または攻撃する狙いがある。

無駄合い

タダで取られるだけで、意味のない合い駒。
詰将棋のルールでは、無駄合いはしてはいけないことになっている。

疑問手

適切ではなく疑問に思われる指し手のこと。

ある状況に於て、指した手よりもっと良い手が有る場合や、その手によって形勢を損ねたような場合に言う。

木村美濃

美濃囲いのバリエーションの一つ。

金銀と桂馬で囲った形を言い、ツノ銀中飛車戦法の時によく現れる。かって木村義雄十四世名人がこの囲いで好成績を収めたので木村美濃と呼ばれている。

木村定跡

「角換わり相腰掛け銀」の先手必勝定跡の一つ。

角換わり相腰掛け銀の基本パターンから、▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲7五歩△同歩▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛△6三角▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲2五桂と攻めて行く手順を言う。
木村義雄十四世名人が完成させたので、木村定跡と呼ばれている。

棋風

人それぞれの性格に特徴があるように、同じ局面からでも攻めの好きな棋士と、受けが好きな棋士とは発想が違う。
感想戦で「死んでもこの手は指せない、棋風が違うから」などと言われることがある。棋風はその人を表す、とも言う。

鍛えが入っている

いかにも実践的な感じの手を指したときに言う言葉。我慢をする様な手の時が多い。

普通ではなかなか考えにくく、定跡の本などでも紹介していないような手を指したときに、実戦で鍛えられているという意味で「鍛えが入っている」と言う。「根性が入っている」も同じような意味。褒め言葉として使うことが多い。

王手飛車

「王手飛車取り」の略。

江戸時代は「飛車手王手」とも言った。
アマチュア戦では飛車を捕獲出来るので、中盤までにこの手があれば90%の確率で勝てる。
終盤ではワザと掛けさせ、手を遅らせる手もあり飛車を捕獲できても勝勢とはならないことがある。

格言
・目から火の出る王手飛車

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。