カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和58年(1983)9月20日、中原誠十段が内藤国雄王座に挑戦した第31期王座戦三番勝負第1局はこの日に行われた。
王座戦は第17回から挑戦手合いの方式を採用していたがこの年から公式タイトル戦となった。
三番勝負は中原先勝、内藤が1番返した10月11日の第3局で中原が勝ち衣替えした最初の王座に就いた。そして翌期からは五番勝負となった。
スポンサーサイト

昭和48年(1973)9月20日、第21回王座戦には若手の米長八段、大内八段、内藤八段を破って登場したのは明治44年(1911)生まれのベテラン大野源一八段が挑戦者として中原誠王座に挑むこととなった。
三番勝負第1局は東京・紀尾井町の「福田家」で行われた。中飛車に振った大野は無念にも124手で敗退、第2局は20日、大阪に移って帝塚山の「鉢の木」で行われた。今度は三間に振ったものの第1局同様本戦で見せた冴えが無く中原の前に77手で敗退。奇しくも62歳のタイトル挑戦は夢に期した。
昭和54年(1979)1月14日、遮断機の下りた踏み切り内に立入り、現役のまま事故死。享年67歳。木見金治郎門下。A級は通算16年。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。