カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和30年(1955)4月6日第14期名人戦の挑戦者になったのは故・藤内金吾八段の一番弟子、大阪・南河内に生まれ「河内の鬼」「日本一の攻め」と呼ばれた名棋士、高島一岐代九段だった。
第1局は5日から東京・渋谷の「初波奈」で始まり、相矢倉になった将棋は中盤から高島が優位に立つも6日終盤、必勝形から大山執念の粘りに合い結局入玉され190手で負けた。シリーズも4勝2敗で大山が防衛、名人位は遥かに厳しい存在と化した。
62年高島はA級のまま、45歳の若さで現役を引退した。
スポンサーサイト

最高齢の挑戦者

昭和61年(1986)5月8日、第44期名人戦の挑戦者はA級リーグで決着が付かず、3者のプレーオフになるほど最後までもつれ、最後に躍り出たのは加藤一二三九段、米長邦雄十段を破って勝ち上がった大山康晴十五世名人だった。7番勝負は連敗後の第3局を5月7~8日の両日、福岡県飯塚市「鴻の池松柏園ホテル」で迎え穴熊の先番中原誠名人を120手で破った。しかし結局シリーズは大山の白星はこの1勝のみで敗退した。
けれど名人戦史上最高齢で挑戦したことは大いに話題になった。
平成3年(1991)4月5日新手一生、棋界の風雲児。升田幸三実力制第四代名人が心不全で亡くなった。
享年73歳。大正7年広島県双三郡三良坂町で誕生。昭和7年木見金治郎九段門。11年四段、22年八段。

昭和27年第1期王将戦で木村義雄名人を半香に指し込む。さらに31年に第5期では大山康晴名人も指し込み、
香落ち番も勝つ。32年には名人、王将、九段を制し史上初の全タイトル獲得、三冠王となる。タイトル戦登
場23回、獲得は名人2、九段2、王将3の合計7期。棋戦優勝6回。名人・A級には連続32期。48年紫綬褒章授賞
。54年引退した。63年4月実力名人制第四代名人に就く名棋士だった。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。