カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和35年(1960)4月14日、第19期名人戦は史上最少、弱冠20歳の加藤一二三八段が大山康晴名人に挑戦した。

第一局はは東京・渋谷の羽沢ガーデンで行われた。先番の加藤が大山得意の矢倉戦に果敢に挑み、翌15日夜115手で見事に初戦を飾った。
14歳で四段に昇段した加藤はノンストップ、18歳でA級八段に昇るという神武以来の天才ぶりを発揮、また20歳で結婚、と同時に名人挑戦を果たすなどすべてが記録破りだった。だが、二局目から4連敗で挑戦は失敗。加藤の「天才」をもってしても再び名人戦に登場するのは13年後、そして名人の座を射止めたのはさらに9年後の昭和57年(1982)のことだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shogijiten.blog105.fc2.com/tb.php/1044-3d9db606


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。