カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和33年(1958)3月29日 第7期王将位決定戦7番勝負で大山康晴前名人が升田幸三三冠を破り、半年振りに無冠を脱出した。
28,29の両日、長野市の「犀北館」で行われた第7局、大山が矢倉模様の将棋を123手で勝ち、3年ぶりの王将位復位を果たした。
昭和31年、升田は半香落ちでも大山に圧勝して王将位を奪うと、翌32年の第7期九段戦で塚田正夫から九段を取り、半年後の第16期名人戦でも大山を破って初の三冠王に輝いていた。だが、これを機に升田が退潮、大山の躍進、独走が始まる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shogijiten.blog105.fc2.com/tb.php/1065-d960f053

-

管理人の承認後に表示されます

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。