カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昭和30年(1955)4月6日第14期名人戦の挑戦者になったのは故・藤内金吾八段の一番弟子、大阪・南河内に生まれ「河内の鬼」「日本一の攻め」と呼ばれた名棋士、高島一岐代九段だった。
第1局は5日から東京・渋谷の「初波奈」で始まり、相矢倉になった将棋は中盤から高島が優位に立つも6日終盤、必勝形から大山執念の粘りに合い結局入玉され190手で負けた。シリーズも4勝2敗で大山が防衛、名人位は遥かに厳しい存在と化した。
62年高島はA級のまま、45歳の若さで現役を引退した。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shogijiten.blog105.fc2.com/tb.php/1067-56f96b73

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。