カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小将棋

室町時代頃に指された古将棋の一つで、現代将棋の前身と言われている。

盤の大きさや駒の種類などは、ほぼ現代の将棋と同じ。盤は縦横各9升、計81升、駒は片方が21枚、計42枚で、駒の再使用は出来ない。王将の真上に「酔象」という駒があるのが特徴である。後奈良天皇により、酔象の駒が取り除かれ、現在の将棋の形になったと元禄時代に刊行された「諸象戯図式」の序文に記されている。また、江戸時代までは、40枚の駒を使う現代の形と同じ将棋のことを、大将棋、中将棋と区別するために小将棋と呼んだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shogijiten.blog105.fc2.com/tb.php/651-938138f3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。