カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新コメント


訪問者


FC2ブログランキング


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊島龍山

(1)初代豊島龍山。本名・豊島太郎吉。
文久二年(1862)東京・浅草生れ。浅草で材木商を営んでいたが、将棋好きで六段にまで昇り、東京・下谷で駒の店を開いた。いろいろな書体を収録した「豊島字母帖」を作成し、新しい書体を創作開発して版木にして残した。
将棋駒の書体として有名な「錦旗」の名付け親でもある。また、駒材に「虎斑」「糸柾」「赤柾」などと木目模様の名前を付け、新製品を製作した。「近代将棋駒の祖」と言われている。
昭和15年9月没。

(2)二代目豊島龍山。本名・豊島数次郎。
明治37年(1904)、東京・浅草生れ。初代豊島龍山の息子。
父の後を継ぎ駒を製作。現在残っている「豊島作」「龍山作」の駒は、ほとんど数次郎が作ったものである。名駒師の木村文俊、金井静山は弟子にあたる。
昭和15年2月、父よりも先に亡くなった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shogijiten.blog105.fc2.com/tb.php/898-b29e02f7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。